車の保険 ネット 一括見積もり

自動車保険を安くしたいのでネットで一括見積もりをしてみました。

 

ふとした一通のメールからちょっと気になった車の任意保険の保険料。

 

そのメールの内容とは以前に自動車保険(任意保険)を安くするために
ネットで数社を比較して一括で見積もりをしたことがありました。

 

その時は見積もりをしたものの比較だけして何もしませんでした。

 

その数社の一社からの更新日が近いよ〜我が社の保険いかがですか〜って
内容のメールでした。

 

いつもならスルーをするところですが、今回だけは違いました。

 

というのも、昨年に支出を抑えるために
普通車から軽自動車に乗り換えました。

 

任意保険も普通車から軽自動車になったということで
保険料は安くなりましたが思ったよりは下がりませんでした。

 

保険会社は損保保険ジャパン日本興亜株式会社で
(旧)の日本興亜損保です。

 

この保険は以前から車を購入の付き合いもあっての契約した保険です。

 

とりあずはそのまま継続して
車両入れ替えをしただけでした。

 

今までは自動車保険の内容って対人と対物が無制限であれば
あとは保険屋さんまかせでした。

 

現在の保険料は年間約3万ちょいです。

 

で、そのメールの内容の見積もりは以前の車に対しての見積もりでしたが
よくよく見ると軽自動車になって保険料が少し下がったにもかかわらず
その保険料の金額とあまり差がなかったのです。

 

そこで保険料の節約も考えて、丁度いい機会なので保険料を見直してみることに。

 

やはり一社だと分りにくかったので「自動車保険一括見積もり!」を利用してみました。

 

現在の損保ジャパン日本興亜株を更新した場合の保険内容は

 

対人賠償 無制限
対物賠償 無制限
対物超過修理費特約 有り(50万円)
人身傷害 3000万円
無保険車傷害 有り
自損事故傷害 有り
ロードアシスタンス 有り
運転者年齢条件特約 35歳以上補償
運転者限定特約 本人・配偶者
他車運転特約 有り
ゴールド免許特約 有り

というようになるべく条件を絞ることで保険料を安くしてました。

 

一応、この条件で更新することで年間の保険料は31,440円(12回払い)になります。

 

今まで当たり前での更新でしたが、今より更に保険料が安くなるのであればということで
他社で比較して安くなればということで今の条件で一括見積もりを依頼してみました。

 

なぜネットかというと、やはり魅力は「インターネット割引

 

割引金額は保険会社によって違いますが
割引幅は2,500円〜12,000円くらい。

 

これはかなり大きいところ。

 

現在の保険料からこれだけ安くなるだけでも違います。

 

しかも契約内容が同じなら尚更です。

 

そして『価格.com自動車保険一括見積もりサービス』で
実際に見積もりをした結果、見積もりがきたのがこの6社です。

 


・SBI損害保険株式会社
・セゾン自動車火災保険/損保ジャパン日本興亜グループ
・アメリカンホーム
・チューリッヒ
・アクサダイレクト
・ソニー損保

 

見積もり結果はメールですぐに来ました。
後日、自宅に見積もり結果はがきも来ました。

 

ということで見積もり結果はすぐに確認することが出来ます。

 

そこでパっと見で金額をしてみると今と同等か
保険会社によっては一万近く安くなることがわかりました。

 

すぐにサイトにログインすることが出来るので細かなところまで
見ることが出来るのでなるべく同じになるようにして比較してみました。

 

現在のほぼ同じ条件で見積もり保険料の金額はこんな感じになりました。

 

保険会社

一括

分割

SBI損害保険

17,260

18,645

セゾン/損保ジャパン日本興亜

28,150

30,120

アメリカンホーム

26,600

28,440

チューリッヒ

22,780

なし

アクサダイレクト

26,960

29,460

ソニー損保

18,630

19,560

結果をみて同じ自動車保険といっても保険料にこれだけの差があることに
ちょっとびっくりです^^;

 

これは真剣に検討の余地ありだと思いました。

 

セゾン/損保ジャパン日本興亜はネットでもほぼ同額なので対象外かな〜。

 

ここで注目すべきところはインターネット割引額

 

そこを比較してみると

保険会社

インターネット割引

証書不要割引

SBI損害保険

5,500

500

セゾン/損保ジャパン日本興亜

10,000

600

アメリカンホーム

保険料の約10%

(上限20,000)

500

チューリッヒ

2,500

(保険料による最大12,000)

500

アクサダイレクト

2,500

(保険料による最大10,000)

なし

ソニー損保

8,000

500

保険証書不要も入れると結構な割引額になることがわかります。

 

私の場合は仕事上で必要なことがあるので保険証書がいるので
残念ながらこの割引が使えませんがインターネット割引でも十分安くなります。

 

ただし、ここで注意したいことが一点あります。

 

このインターネット割引なんですが新規の場合であって更新時もこの割引が
適用されるのか注意が必要です。

 

せっかく安くなっても次回の更新時にガーンって上がるとあまり意味がありません。

 

それもちょっと比較してみると

保険会社

インターネット割引

新規

継続

SBI損害保険

5,500

5,500

セゾン/損保ジャパン日本興亜

10,000

10,000

アメリカンホーム

保険料の約10%

(上限20,000)

保険料の約5%

(上限10,000)

チューリッヒ

2,500

(保険料による最大12,000)

1,500

アクサダイレクト

2,500

(保険料による最大10,000)

1,000

ソニー損保

8,000

2,000

なるほど・・・ここを見落としてしまうと更新時に保険料が上がってしまうことになりますね。

 

この部分も含めて検討しないとです。

 

あと、保険料に関する部分で関係してくるのが年齢と運転者の範囲で
保険料が変わるというくらいは私も知っています。

 

今回一括見積もりからも保険会社によって指定方法にも違いがあります。

保険会社

年齢

運転者

SBI損害保険

26歳以上

家族限定

セゾン/損保ジャパン日本興亜

年齢による

本人・配偶者

アメリカンホーム

指定した運転者を補償

家族限定

チューリッヒ

30歳以上

本人

アクサダイレクト

30歳以上

本人

ソニー損保

30歳以上

本人

今までは保険料を少しでも安くするために年齢をギリギリまで上げることと
自分しか運転しないということで本人のみにしています。

 

が、保険会社によっては26歳以上までしかなかったり、運転者の指定も
本人のみに出来ない場合もあることがわかりました。

 

そしてちょっと気になったのが保険会社によっては年齢の指定がないものも。

 

これはその年齢に対しての保険料になるということや
その車を運転する人に対して補償をするということで
そいういう仕組みになっていたりして昔とは違う自動車保険の
仕組みに変わってきてるということなんでしょうか。

 

他には年間の走行距離によっても保険料が変わってくるというのもありますね。

 

今回の見積もりで本当に昔とは違うということを強く感じました。

 

ただ、このおかげで保険料も安く抑えるということも可能に出来るということもわかりました。

 

そして今の年間の保険料が約一万円近く抑えることも出来るのがわかったので、
今回の自動車保険の一括見積もりは無駄になりませんでした。

 

しかもネットで条件を変えての見積もりリアルタイムに出来るので
最初の見積もりからの条件変更も即時可能なのもうれしいところ。

 

私もいろいろやってみて最善の内容にしてからの契約になりそうです。

 

それでは早速手続きの段取りをしないとです^^